バスケットボール ユニフォーム規程

ご着用される大会等がお決まりの場合は、事前に各協会や運営組織の「ユニフォーム規程」をご確認ください。
「ユニフォーム規程」に則っていないユニフォームの場合、大会等によっては着用が認められない可能性があります。

下記は主に、『日本バスケットボール協会』の「ユニフォーム規程」の一部を参照しています。
→日本バスケットボール協会「定款・規程集」はこちら

ユニフォームのデザインについて


ユニフォームの定義

ユニフォームとは、ゲーム中、チームメンバー(プレイヤー、交代要員)が着用する「シャツ」と「パンツ」のことをいう。

  • 「シャツ」と「パンツ」はかならずしも同じ色でなくてもよい。
  • 両チームがはっきりと識別できること。
  • プレイヤーの番号が審判とスコアラーにはっきりと見えること。
  • シャツの色とデザイン

    各チームは、淡色と濃色の2種類以上のシャツを用意しておかなければならない。

  • 淡色のシャツは「白色」が望ましい。
  • 濃色のシャツは白色以外の「濃い色」でなければならない。
  • チームメンバー全員が同じデザインの色や形のシャツを着用しなければならない。
  • シャツは前から見てもうしろから見ても、同じ色であることおよび同じ色のシャツであるかがはっきりとわかるものでなければならない。
  • 1チームが同じ色を「淡色」としても「濃色」としても用いることは認められない。
  • 「グレー(灰色」)「シルバー(銀色)」は淡色としても濃色としても認められない。ただし、番号や切替、付属などについては、これらの色を用いてもさしつかえない。

    シャツのデザインの範囲

    1. シャツを横切る切替幅は「10cm」以内とする。切替が斜めに入る場合も同じ。
    2. 肩辺りの切替幅は頂点または衿下から「15cm」以内とする。
    3. 脇切替の幅「20cm」以内とする。
    4. 上記①②③は融合して適用することができる。いずれの切替幅も、ライン、パイピング等を含めた寸法である。
      上記の切替幅の範囲内であれば、「星」「ダイヤ」などのプリントを入れたり、「グラデーション」などのデザインを施すことも認められる。ただし、前も背中も、切替部分からシャツの番号までは、「5cm」以上離れていなければならない。
      細いライン(ストライプ:「縦」「横」「斜め」にかかわらず)は、ラインの幅が「2mm」以内で、ラインとラインの間隔が「3cm」以上のものであれば認められる。この規定を逸脱するストライプは認められない。

    パンツのデザイン

    パンツの色やデザインについても、シャツに準ずるものとする。

  • パンツは、前から見てもうしろから見ても、同じ色であることおよび何色のパンツであるかがはっきりとわかるものでなければならない。
  • パンツの色は、かならずしもシャツと同じ色でなくてもよい。
  • パンツの長さはひざ上までとする。ひざ頭にかかってしまう長さのパンツは、公式大会のユニフォームとしては認められない。
  • パンツのデザインの範囲

    1. サイドの切替幅は「20cm」以内とする。
    2. 斜めに切替が入った場合でも、切替幅は「20cm」以内とする。
    3. 腰の切替幅は「15cm」以内とし、ウエストゴムの切替幅の一部とみなす。
    4. パンツの裾の切替幅は「15cm」以内とする。
    5. 上記①③④は融合して適用することができる(裾広がりのデザインなどの場合)。いずれの切替幅も、ライン・パイピング等を含めた寸法である。
      上記②③④は融合して適用することができる。いずれの切替幅も、ライン・パイピング等を含めた寸法である。
      上記の切替幅の範囲内であれば、「星」「ダイヤ」などのプリントをいれたり、「グラデーション」などのデザインを施すことも認められる。
      細いライン(ストライプ:「縦」「横」「斜め」にかかわらず)は、ラインの幅が「2mm」以内で、ラインとラインの間隔が「3cm」以上のものであれば認められる。この規定を逸脱するストライプは認められない。

    選手番号について


    シャツの番号

    チームメンバーは、シャツの前と背中の見えやすい位置に、シャツの色とはっきりと区別できる単色の番号を付けなければならない。

  • 前の番号は中央に付けなくてもよい。ただし、番号を見えにくいところに付けてはならない。
  • 前も背中も、シャツの番号は、すべてのマークやロゴ、シャツの切替部分から「5cm」以上離れていなければならない。
  • 前の番号の高さは「10cm」以上、背中の番号の高さは「20cm」以上なければならない。
  • 番号の縁取りや縫い取りの部分は高さには含めない。すなわち、縁取りや縫い取りの部分を除いた番号の高さが、それぞれの規定以上なければならない。
  • 番号は、それぞれの数字の線の幅が「2cm」以上なければならない。
  • 最も幅のせまい部分が「2cm」以上であること。
  • 番号の縁取りや縫い取りの部分は「2cm」に含めない。すなわち、縁取りや縫い取り部分を除いた番号の幅が「2cm」以上なければならない。
  • 番号の色は、シャツの色と対照的な色でなければならない。
  • 番号の色は、縁取りや縫い取りがない番号単体の状態でもはっきりと見える対照的な色のものでなければならない。
  • 番号は縁取りや縫い取りも含めて、チームメンバー全員が同じ色、同じデザインのものを付けなければならない。
  • 縁取りや縫い取りの色については規定しない。
  • 1重の縁取り(図の②)、2重の縁取り(図の③)、中抜きの縁取り(図の④)は認められるが、立体に見える縁取り(図の⑤)、影付き縁取り(図の⑥)などは、番号が分かりにくくなるので認められない。
  • 円形・矩形(四角形)・楕円形のデザインで番号を囲むことは認められない。 番号は「0」「00」「1」「2」…「99」までが現行の競技規則で認められている。
  • 「01」「02」…「09」は番号として使用することができない。
  • 同一チーム内で「0」「00」を同時に使用することができる。
  • 規則に認められた範囲内であっても、大会主催者は、使用する番号を制限することができる。
  • パンツの番号

    パンツにも番号を付けることができる。

    • パンツに番号を付ける場合は、チームメンバー全員のパンツに番号が付いていなければならない。
    • パンツの番号の位置、大きさ、色(ただし単色であること)や縁取りなどは特に規定しない。
    • チームメンバー全員が同じ位置に同じ大きさ、同じ色、同じデザインの番号を付けていなければならない。
    • シャツの番号とパンツの番号が異なったユニフォームを着用しているプレイヤーは、ゲームに出場することはできない。

    注意事項


    上記は主に、『日本バスケットボール協会』の「ユニフォーム規程」の一部を参照しています。
    その他の詳細も含め「競技規定」、ご出場予定の「大会の規程」をご確認ください。
    当店でご用意したユニフォームが大会等でご着用できなかった場合でも、当店では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。